アスノバを支えるミッション。Follow our mission makes us stable.

English bellow  Japanese.

名前: 有田
現在位置: 上海

Photo by kuwait kites team(http://www.flickr.com/photos/46862617@N02/)

あけましておめでとうございます。新年1本目のBlogは有田が担当します。
2011年、日本にも、そしてアスノバにも沢山の事がおこりました、その中で毎回
「アスノバらしいって何だろう」と考えて私たちは組織を運営している気がするので
少しだけその考え方をシェアしたいと思います。

アスノバの成り立ち

 

僕たちは本当に恵まれていて、会社を創るとき、「アスノバは何をするべき会社なのか」「何が生存理由なのか」
をひたすらまじめに考える時期がありました。事業構想や「儲かりそう」という所ではない所から出発しているので、はじめは考える事がすべてだったのです。ビジネスになりづらいと日本では言われている教育産業で、どうしたら生き残れるか、いまでも同じ部分は多く残りますが、そんな事ばかり考えていました。今考えればこのとき考えていた事があるから、ぶれずに、ここまで来れたんだな、と逆に感謝をしています。大真面目に1-2週間、名前を付けるのに悩んでいた気がします。結果として、日本語で言えば「明日の場」「明日を伸ばす」という語感を持ち、かつアジアの語源(ASU)と新星(NOVA)という意味を持つ言葉に出会えた時にその前までの経験含め「ああ、これで事業が始まる」と思った物でした。

ミッション:アジアを、育む。名前が決まると同時にビジネスのドメインもほぼ決まっていました。教育×アジアです。
さてここで何をやるか、「どうせやるなら一番夢のあるミッションがいい」と「一番大きなミッションがいい」
それも、今問題になっていて、自分たちで解決するイメージがある部分、と思い、行き着いたのが職業教育。なかなか国の予算がおりづらい、分野をきちんとビジネスとして取って行こう、そう思って徐々にいろいろな事をスピードアップして行きました。

そんな経緯で創られたアスノバのミッション。「日本の教育で、アジアを、育もう。」と思い立ったのは、前職のリクルートを辞めてから半年がたっていました。具体的にはすぐに学校的な事ができた訳ではありませんが、僕たちの意思決定が、常に「アジアを、育む。」と言う事につながっているか、と言う事は節目節目で常に自問自答をしていました。いつか必ず、「アジアを育んでいるのは自分たちだ。」と胸が張れる様になる為に・・・。

起業当時、日本語バージョン名刺の裏には「2011年の末までに、学校を創ります!」と書いて会う人会う人に何がなんだか自分でも分かっていないまま名刺を配っていました。昨年になってやっと「学校(というか教室)が開校しました」と言える様になり、ひとまず一つの具体的な形として「アジアを、育む」と言う事を具現化できたかなと思っています。

ミッションがあるからこそ、ミッションに共感してくれた方々と働く事ができますし、その結果「仮に一緒にあえていなくてもきっと彼・彼女はアジアを育む為に仕事を毎日進めてくれているはず」という信頼でつながる事ができる、と思っています。アスノバはスーツを着る様な会社ではないですし、上下関係もほとんどありません。有田自身も年齢だけで言えば最上位と言う訳ではないですが、尊敬をしつつ、年上でも言わなくてはいけない事は言いますし、逆に年下・部下から「それは間違っています」と言われたとしてもその進言が正しいと思えば(アジアを、育む事につながるのであれば)アスノバとして「有田が間違っている」と思う。これが多分アスノバの一番根本的なルールなんだと思いますし、大事にして行きたいルールだと思っています。

2012年のアスノバ

アジアを、育む。 Deliver best education to ASIA.

このミッション、そして言葉を大事に2012年、「人のキャリアを変え、人生を変える」事を本格的に展開して行きたいと思います。まずは上海、そして今後ASEAN各国で既にプロジェクトが動いているので今年中に後2-3カ国・地域といくつかの分野で学校・教室を開校、展開して行きます。日本・中国・香港・シンガポール、その他ASEANの国で採用もする予定ですし、より多くのパートナーと出会って行きながら、教育業アジアNo.1になる事を夢見て一歩一歩、進んで行きたいと思います。
期待していてください!

それでは今年も沢山の出会いと、経験に出会えます様に。そして今年、皆様が良い年になります様に!

 

———————————

 

Happy New Year. This is Arita and I am in charge of this first blog post of the new year. In the year 2011, many things happened not only in Japan, but also in Asunova. During those times, we who run this group, often have to confront the question “What is Asunova’s mission?” seriously, so I would like to share some of my ideas.

The Story of Starting Asunova

When we founded this company, there was a period of time when we seriously thought about some questions such as “what should the company Asunova do?” and “what is the reason for our existence?”

In Japan, it is said that doing business related to education is not that simple, so we always considered how to live on. Maybe we should appreciate that time that we think about the stuff because it may be the reason we live on to nowadays. At the beginning, we really worried about what the company’s name should be. Ultimately, we chose words from origin of ASIA(ASU)+NOVA in another word “the place for tomorrow” and “extend tomorrow ” in Japanese, and started our business from that point.

Mission: Cultivate Asia

After we decided on the name, the domain of business was also almost decided. It is Education×Asia. We decided on that we had to have a fancy and big mission, if any at all. Knowing that the budget from the country does not come not easily and we should set the field of business clearly, we gradually sped up towards our goals, step by step.

And it was the mission Asunova made. About half a year after I left my previous job at Recruit the mission “Regenerating Asia via Education”  occurred to me. It did not have to be building schools immediately but it always had to revolve around “Educating Asia”. Someday, we should be the people who cultivate Asia.

At the time starting the business, the mission on my name card read “To start a school by the end of 2011”. From last year,  that mission came true and we could finally say that we “opened a school”, and that was one of the concrete steps we took towards our mission of “cultivating Asia”.

Because of the mission we have, we want to work with staff who share our aspirations and ideas. We are not a place which people have to wear suits to every day and there is almost no organizational hierarchy in Asunova. I am also not the eldest in terms of the age. Older members (in terms of age) are respected, while retaining the freedom for any member at all to speak up when he or she disagrees. This is the most basic of Asunova’s principles and also one we want to keep following.

Asunova in 2012

Regenerating Asia via Education. Delivering the best education to ASIA.

In year 2012, we want to continue to value the mission “changing people’s careers, and changing their lives” to enlarge our business. The first place we’re going to would be Shanghai, and then the countries of ASEAN afterwards. We will be expanding our activities to 2 to 3 countries this year, and a few new areas of study. We are looking to hire people from Japan, China, Hong Kong, Singapore, and so on, so we are looking forward to meeting new partners and doing our best to reach our goal of becoming Asia’s No.1 education enterprise.

Wishing everyone abundant opportunity to meet new people and experience new things in 2012. Have a good year!

Posted in: English, 日本語

Leave a Comment

CAPTCHA