ScanSnap S1500 + Macで名刺管理は出来るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結論:出来ます!かなりいい感じ。

去年ありがたい事にたくさんの縁に恵まれたのですが、
そのおかげもあって逆に大変なのは名刺管理。

かつうちの会社は基本のシステムが(僕の趣味で・・・)Mac、と言う事で、
名刺管理+OCRなどWORK(PCです)が得意な領域はかなり苦手なのです。

年末の年賀状等等も毎年頭を悩ます感じ、紙の資料も多いし・・・ドキュメントスキャナが欲しいなぁ、
と思っていたいのですが、何分先代ScanSnap(S510 FI-S510あたり)は既に2年落ち、
さすがに買いたく無いなぁ、と思っていた所、、、でました。新型。
型番も大きく進化して1500、ScanSnap 1500 (mac番は+M) 見た目もなかなか素敵です。

と言う事で一路量販店に行き、発売日に買おうと思い立つ。
・・・でも、待てよ、またMacだから、って言う理由で「OCRできない」とか「名刺管理はほぼおまけ程度」
みたいなことは無いかしら。と、店員さんと30分ほどお話。

・・・結論、「わからん」でも、パンフレット上ではではかなり制限が多そう。
・・・とはいえ、もうオフィスの机の上が名刺だらけ、という状態はさけたい。

えーい、と思い切りましたw
ここのページを参考に
「最悪前のモデルで出来る事は出来るだろう」という腹で。

で、結論。
「かなり使えます。」

前機種のレビューを読むと出来なかった透過PDFとかも自動で付与してくれるし、
何より「早い」
年末に買った名刺読み込み機+ソフトは1分で数枚、でも、こっちだと20−30枚は余裕です。
おまけ程度と思っていた名刺管理ソフトも、読み込みが早くていい感じ。
1200枚程度あった名刺が1時間で物理的には無くなっても大丈夫な状態へ。

Scansnap1500 M
(これくらいの束×4つを呑み込んでくれました。)

読み込みだけならものの30分、それ以外にアーでもない、こーでもない、やって1時間ちょっとで終わりました。
取り急ぎ、「早くて」「整理が楽な」「Macで動く」スキャンとしては、かなり使えるかと。

以上、珍しくレビューでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。