中国から日本への留学:「金の衣」を着る

photo by LALLA - ALI
photo by LALLA - ALI 中国では、海外に留学すると「金の衣を着て故郷に戻る」ことができると言われています。中国から日本を含む海外への留学は金の衣を着るに値するものということです。 実際に、中国から各国へ留学すれば金の衣をみつけることができているのでしょうか。 more →
Posted in: 日本語

「そのウェブサイト、留学生視点に立ててますか?」 ~ラオスから来たある留学生の叫び~

Hi_An-Aodai-Bicycle-Demographics_of_Vietnam-Panning_camera-Southeast_Asia-Vietnam-original
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… 海外と取引をし、海外と商品・サービスを作りだすのが「当たり前」の時代。”私たちは「アジアの世紀」に生きている。”アスノバはそう考えています。 アスノバでは、じつに多くの留学生と日常的に対話し、彼ら彼女らがいかにして日本の教育や学校に対して魅力を感じていただき、そして充実した学校生活そしてその後の進路を戦略的に選択することできるか、模索しています。 こうした活動のなか、この度ある東京の工学系学校に通う学生から聞いた叫びをお届けしたいと思います。 more →
Posted in: メルマガ, 日本語

授人与魚不如授人与漁――「Ownership」を育む環境を求めて」中国からの新入社員の管から皆さまへ

…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… こんにちは。2010年の10月入社した管と言います。 私は2004年中国の上海市の高校を卒業し、日本に留学しに参りました。早稲田大学の国際関係学修士号を取得し、アスノバ株式会社の新卒として入社しました。 現在、学校設立およびその提携支援に向けて、アジア(主に中国)でのパートナー開拓、そしてビジネスの企画~納品まで全般関わらせていただいています。 日本の優秀な教育コンテンツを中国の教育市場に輸出し、融合させることができればよいと考えています。 ◆授人与魚不如授人与漁――「Ownership」を育む環境を求めて 就職活動時は多くの留学生と同様で、まず自分の国でも有名な日本企業に応募しました。しかし、活動中に大企業の中における「個」とはいった何だろうと考えはじめました。その答えが見つからずとても迷う時期がありました。 こうした時期に縁あってアスノバのインターンシップを参加することになりました。インターン中には、自分の意見が真剣に聞かれて、自らのアイデアがビジネスに繋がって、自分しかできないことがたくさん生まれてきました。 ここは自分の価値を創ること「Ownership」を身につけることができる場所で、アスノバだったら、自分の将来をかけてもいいと確信し、正社員になりたいと申し出ました。 中国では「授人与魚不如授人与漁」※(魚を与えるよりつり竿を)という古い言葉があります。これは、人に魚を与えれば一日分の食料になる。人に魚を捕ることを教えれば、これから先の人生で食べることに困らないという意味です。 学生一人一人が自分で価値を創りだす力「Ownership」を身につけるためには、まさにアスノバが目指す教育がぴったりだと感じました。 私はアスノバの事業メンバーとして、仲間とともにアジアNO.1の教育を提供することができればと思う一方で、私自身も早く「Ownership」を身につけたいと思い日々精進しています。アスノバを通して日本と母国、そしてアジアを教育でつないでいきたいです。これからも、よろしくお願いします。 ※授人与魚不如授人与漁…「魚」と「漁」は簡体字を漢字表現にしました。 …………………………………………………………………………………………… ■”日本の教育を世界へ”アスノバの「AsunoMagazine」2011/03/10... more →
Posted in: メルマガ, 日本語

中国の教育制度は、日本と似ている?

Some rights reserved by
まずは、アスノバでも取引の多い中国の教育制度について、その類似点と相違点をまとめたいと思います。 中国の学校制度 皆さんご存知の方も多いと思いますが、中国の学校教育は、日本の学校制度と似ています。 初等教育は小学校の6年間、その後の中等教育は初級中学に3年、その後は普通教育と職業教育にわかれており、大学への進学をメインとする高級中学、職業技術教育を行う中等専門学校、技術労働者学校、職業中学に分かれています(一部農村部では、5年、4年、3年、4年となっているところもあります)。高級中学から進学する高等教育には、総合大学、単科大学、専門大学があります。 義務教育とされている部分も、日本と同じ小学校と中学校にあたる初級中学でそれぞれの進学率は99%と95%と高い水準になっています。 ... more →
Posted in: 日本語

AsunovaBlogについて

AsunovaBlogでは、アジアや各国の学校制度、職業教育のご紹介や、日本や各国の先進事例をリサーチやアジア教育関連の最新動向をトピックとし、これからのアジアと日本の新しい教育、知の交換の形を模索していきたいと考えています。 私たちは、今、まさに知の革命のさなかにいます。 激動の時代の教育について少しでも皆様に有益な情報をお届けできるブログにしてまいりたいと思います。 more →
Posted in: 日本語
1 2 3 4