「浙江省に女性向けファッションビジネスを! ――――日本のオシャレを母国に。」

photo by zoom zoom
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… 私は、日本の服飾系専門学校に通っている紅花(本人の希望により仮名)と申します。出身は中国の江南、浙江省出身です。「ファッション」に興味があり日本に来ました。 実は私、中国の専門学校へ進学し、その後大学に進学しましたが中退して今に至ります。なぜかと言えば、「中国のファッション系専門学校はいまいち」と感じてしまったのが一番の理由です。 一方でそのような母国内での教育の限界を感じてしまったときに、いま通学している専門学校に出会いました。ここは私が見る限りアジアNo.1の服飾系の専門学校だと思っています。 more →
Posted in: メルマガ, 日本語

世界で通用する人材の育て方~小手先の「技」の教育より、目標に向けて自走する「心技体」の教育を~

…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… ビジネス環境の変化が目まぐるしい現在、企業が求めてやまないのが即戦力として活躍する人材だ。市場のボーダレス化が進むなか、日本国内だけではなく、世界で通用する人材が求められている。学校教育も、その流れにしたがって企業への就職が有利な即戦力人材の育成を目指す傾向がある。ITなどの専門技術教育や語学教育が好例だろう。たしかにこれらのスキルはすぐに役立つ力になる。 しかし小手先のスキルだけでは、時代や環境変化に耐えられない。大切なのは、それらのスキルという「技(武器)」を主体的に活かすための、「心」と「体」にあたる部分。つまり目的意識と行動力を養うことなのではないだろうか。とりわけ世界を相手にすることが身近になった今、「心技体」はどのように養えばいいのか。そして学校教育は、どのような役割を果たせるのか。今回は教育・メディア系の会社を経営する成瀬久美さん(30歳)のケースから考えてみたい。 ……………………………………………………………………………………………… 世界を舞台にコミュニケーション教育を展開する 成瀬久美さんは、2010年4月にエターナルボーテという教育・メディア系の会社を立ち上げた若手経営者である。 もともと英語のプロフェッショナルを目指していた彼女は、2004年に大手金融機関に就職。その後、英語力のスキルアップよりも、言葉の表現スキルに関心を移し、アナウンサーに転身した。そして多言語を使用するナレーターを経て、29歳のときに、いまの会社を設立した。現在は、アナウンサーやナレーターなどの経験を活かし、主に個人・法人向けにコミュニケーションスキルを高めるワークショップ・セミナーを提供している。「コミュニケーションに悩む人は多いですが、話し方や伝え方といった表現の工夫でコミュニケーションは心がこもり、円滑になる。そのノウハウを広げていきたい」と、セミナーを開いている。クライアントは約10社。 会社設立以来、その数は着実に増えている。また成瀬さんは自身の表現力を活かして海外で紙芝居公演や、NGOと連携した国際貢献活動などを行っており、仕事の幅やニーズが国外にも広がってきている。 仕事のテーマが明確になったきっかけは、9.11 このように「言葉によるコミュニケーション」をテーマに国内外で活躍する成瀬さんだが、もともと仕事の目標が明確だったわけではない。 「大学3年生のとき、周囲には迷いなく就職活動をしている人が多かったのですが、私は具体的な進路を決めかねていました。『会社に就職しようか、海外の大学に進学しようか、それとも……』と非常に悩みました。」 進路を決めるきっかけになったのは、2002年、大学3年生のときに訪れた米国で、9.11の跡地を見たことだった。「自分の目で見ておきたくて出かけたのですが、当時は、まだWTCビルの周りの一部のビルは窓ガラスが割れていたり、ほこりを被っていたりという状態でした。WTCビルでは、世界のエリートと呼ばれる人たちが働いていたのに、あっと言う間にその生活がなくなってしまったわけです。 (c)... more →
Posted in: メルマガ, 日本語

「日本のチカラ」③滞日12年目のラオス人女性ノイさん ラオスへ日本のサービス精神を

O
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。写真付き、フルバージョンででお楽しみください。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… ▼基礎データ ①氏名:ノイさん(仮名) ②出身国:ラオス人民民主共和国 ③年齢:30才(インタビュー当時、1980年生まれ) ④出身大学:東京工科大学大学院 ⑤日本での所属:レストラン勤務 ⑥使用可能言語:ラオス語、日本語、英語、タイ語 ラオス出身のノイさん(仮名・30歳)は、現在、滞日12年目。日本の大学の大学院を修了後、都内のレストランに勤務している。「接客業での経験を活かし、ラオスで美容関係のビジネスを展開したい」と語るノイさん。彼女に仕事について訊く中で、留学制度の課題も浮き彫りになった。 頭脳流出を招くラオスの留学制度の落とし穴 ―現在、ノイさんは滞日12年目になるそうですね。 はい。ラオスの高校を卒業後、1999年に日本の工学系の専門学校に進学しました。そして専門学校に通いながら、日本の大学受験に挑戦しました。 ラオスは学歴社会です。大卒以上だと、就職に有利に働きます。また、ラオスでは高等教育が未整備ということもあり、外国の大学を卒業することは一つのステータスにもなります。だから私も日本の大学に進学するつもりで留学しました。 そして訪日から2年後に都内の工学系の大学に入学。これからはITの時代と考え、ITについて勉強しました。その後、その大学の大学院に進学し、2009年に修士課程を修了しました。現在は都内のレストランで働いています。 ―大学院の専攻と現在のお仕事は関係しているのでしょうか? more →
Posted in: メルマガ, 日本語

日本のチカラ①慶応大学に在籍するトルコからの留学生 ジャン・ダルヤンさんに訊く!

O
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。写真付き、フルバージョンででお楽しみください。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… ▼基礎データ ①氏名: Can Dalyan(ジャン・ダルヤン)さん ②出身国: トルコ共和国 ③年齢: 21才(インタビュー当時、1989年生まれ) ④所属: ボアジチ大学電気・電子工学部3年 ⑤日本での所属: 慶應義塾大学別科生 ⑥言語: トルコ語、英語(TOEFL83点〔IBT〕)、日本語(日本語能力試験3級) ジャン・ダルヤンさんはトルコ共和国ボアジチ大学の3年生(当時)。慶應義塾大学(以下、慶応大学)の留学プログラムを利用して、2009年9月に来日した。2010年5月、彼に留学目的や利用中の留学制度について話を聞いた。 more →
Posted in: メルマガ, 日本語

明日のアジア育む! 学校設立に向けて動きだしています。

(c) face*C|写真素材 PIXTA …………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。写真付き、フルバージョンででお楽しみください。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… アスノバは2011年に次のような計画を立てました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ アスノバは、これまで留学生の誘致や学校間の提携のお手伝い、そして広報支援などを行ってまいりました。 これらの延長上の試みとして、2011年より学校設立に向けた準備をいたしております。 more →
Posted in: メルマガ, 日本語

「そのウェブサイト、留学生視点に立ててますか?」 ~ラオスから来たある留学生の叫び~

Hi_An-Aodai-Bicycle-Demographics_of_Vietnam-Panning_camera-Southeast_Asia-Vietnam-original
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… 海外と取引をし、海外と商品・サービスを作りだすのが「当たり前」の時代。”私たちは「アジアの世紀」に生きている。”アスノバはそう考えています。 アスノバでは、じつに多くの留学生と日常的に対話し、彼ら彼女らがいかにして日本の教育や学校に対して魅力を感じていただき、そして充実した学校生活そしてその後の進路を戦略的に選択することできるか、模索しています。 こうした活動のなか、この度ある東京の工学系学校に通う学生から聞いた叫びをお届けしたいと思います。 more →
Posted in: メルマガ, 日本語

授人与魚不如授人与漁――「Ownership」を育む環境を求めて」中国からの新入社員の管から皆さまへ

…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… こんにちは。2010年の10月入社した管と言います。 私は2004年中国の上海市の高校を卒業し、日本に留学しに参りました。早稲田大学の国際関係学修士号を取得し、アスノバ株式会社の新卒として入社しました。 現在、学校設立およびその提携支援に向けて、アジア(主に中国)でのパートナー開拓、そしてビジネスの企画~納品まで全般関わらせていただいています。 日本の優秀な教育コンテンツを中国の教育市場に輸出し、融合させることができればよいと考えています。 ◆授人与魚不如授人与漁――「Ownership」を育む環境を求めて 就職活動時は多くの留学生と同様で、まず自分の国でも有名な日本企業に応募しました。しかし、活動中に大企業の中における「個」とはいった何だろうと考えはじめました。その答えが見つからずとても迷う時期がありました。 こうした時期に縁あってアスノバのインターンシップを参加することになりました。インターン中には、自分の意見が真剣に聞かれて、自らのアイデアがビジネスに繋がって、自分しかできないことがたくさん生まれてきました。 ここは自分の価値を創ること「Ownership」を身につけることができる場所で、アスノバだったら、自分の将来をかけてもいいと確信し、正社員になりたいと申し出ました。 中国では「授人与魚不如授人与漁」※(魚を与えるよりつり竿を)という古い言葉があります。これは、人に魚を与えれば一日分の食料になる。人に魚を捕ることを教えれば、これから先の人生で食べることに困らないという意味です。 学生一人一人が自分で価値を創りだす力「Ownership」を身につけるためには、まさにアスノバが目指す教育がぴったりだと感じました。 私はアスノバの事業メンバーとして、仲間とともにアジアNO.1の教育を提供することができればと思う一方で、私自身も早く「Ownership」を身につけたいと思い日々精進しています。アスノバを通して日本と母国、そしてアジアを教育でつないでいきたいです。これからも、よろしくお願いします。 ※授人与魚不如授人与漁…「魚」と「漁」は簡体字を漢字表現にしました。 …………………………………………………………………………………………… ■”日本の教育を世界へ”アスノバの「AsunoMagazine」2011/03/10... more →
Posted in: メルマガ, 日本語