「日本のチカラ」③滞日12年目のラオス人女性ノイさん ラオスへ日本のサービス精神を

O
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。写真付き、フルバージョンででお楽しみください。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… ▼基礎データ ①氏名:ノイさん(仮名) ②出身国:ラオス人民民主共和国 ③年齢:30才(インタビュー当時、1980年生まれ) ④出身大学:東京工科大学大学院 ⑤日本での所属:レストラン勤務 ⑥使用可能言語:ラオス語、日本語、英語、タイ語 ラオス出身のノイさん(仮名・30歳)は、現在、滞日12年目。日本の大学の大学院を修了後、都内のレストランに勤務している。「接客業での経験を活かし、ラオスで美容関係のビジネスを展開したい」と語るノイさん。彼女に仕事について訊く中で、留学制度の課題も浮き彫りになった。 頭脳流出を招くラオスの留学制度の落とし穴 ―現在、ノイさんは滞日12年目になるそうですね。 はい。ラオスの高校を卒業後、1999年に日本の工学系の専門学校に進学しました。そして専門学校に通いながら、日本の大学受験に挑戦しました。 ラオスは学歴社会です。大卒以上だと、就職に有利に働きます。また、ラオスでは高等教育が未整備ということもあり、外国の大学を卒業することは一つのステータスにもなります。だから私も日本の大学に進学するつもりで留学しました。 そして訪日から2年後に都内の工学系の大学に入学。これからはITの時代と考え、ITについて勉強しました。その後、その大学の大学院に進学し、2009年に修士課程を修了しました。現在は都内のレストランで働いています。 ―大学院の専攻と現在のお仕事は関係しているのでしょうか? more →
Posted in: メルマガ, 日本語

「そのウェブサイト、留学生視点に立ててますか?」 ~ラオスから来たある留学生の叫び~

Hi_An-Aodai-Bicycle-Demographics_of_Vietnam-Panning_camera-Southeast_Asia-Vietnam-original
…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… 海外と取引をし、海外と商品・サービスを作りだすのが「当たり前」の時代。”私たちは「アジアの世紀」に生きている。”アスノバはそう考えています。 アスノバでは、じつに多くの留学生と日常的に対話し、彼ら彼女らがいかにして日本の教育や学校に対して魅力を感じていただき、そして充実した学校生活そしてその後の進路を戦略的に選択することできるか、模索しています。 こうした活動のなか、この度ある東京の工学系学校に通う学生から聞いた叫びをお届けしたいと思います。 more →
Posted in: メルマガ, 日本語