授人与魚不如授人与漁――「Ownership」を育む環境を求めて」中国からの新入社員の管から皆さまへ

…………………………………………………………………………………………… 本エントリーは、アスノバが発行するメールマガジンAsunoMagazineに掲載した記事と同じ内容になっております。 AsunoMagazineへのご登録、バックナンバーはこちらから。 …………………………………………………………………………………………… こんにちは。2010年の10月入社した管と言います。 私は2004年中国の上海市の高校を卒業し、日本に留学しに参りました。早稲田大学の国際関係学修士号を取得し、アスノバ株式会社の新卒として入社しました。 現在、学校設立およびその提携支援に向けて、アジア(主に中国)でのパートナー開拓、そしてビジネスの企画~納品まで全般関わらせていただいています。 日本の優秀な教育コンテンツを中国の教育市場に輸出し、融合させることができればよいと考えています。 ◆授人与魚不如授人与漁――「Ownership」を育む環境を求めて 就職活動時は多くの留学生と同様で、まず自分の国でも有名な日本企業に応募しました。しかし、活動中に大企業の中における「個」とはいった何だろうと考えはじめました。その答えが見つからずとても迷う時期がありました。 こうした時期に縁あってアスノバのインターンシップを参加することになりました。インターン中には、自分の意見が真剣に聞かれて、自らのアイデアがビジネスに繋がって、自分しかできないことがたくさん生まれてきました。 ここは自分の価値を創ること「Ownership」を身につけることができる場所で、アスノバだったら、自分の将来をかけてもいいと確信し、正社員になりたいと申し出ました。 中国では「授人与魚不如授人与漁」※(魚を与えるよりつり竿を)という古い言葉があります。これは、人に魚を与えれば一日分の食料になる。人に魚を捕ることを教えれば、これから先の人生で食べることに困らないという意味です。 学生一人一人が自分で価値を創りだす力「Ownership」を身につけるためには、まさにアスノバが目指す教育がぴったりだと感じました。 私はアスノバの事業メンバーとして、仲間とともにアジアNO.1の教育を提供することができればと思う一方で、私自身も早く「Ownership」を身につけたいと思い日々精進しています。アスノバを通して日本と母国、そしてアジアを教育でつないでいきたいです。これからも、よろしくお願いします。 ※授人与魚不如授人与漁…「魚」と「漁」は簡体字を漢字表現にしました。 …………………………………………………………………………………………… ■”日本の教育を世界へ”アスノバの「AsunoMagazine」2011/03/10... more →
Posted in: メルマガ, 日本語